経理代行サービスを使うことで社員の業務における負担減が期待できる

SITEMAP
データ資料

経理代行サービスなら外出先や出張先でも経費精算できる

お金と電卓

営業部門の担当者にとって、経費精算は手間がかかるだけでなく、速やかに行うべき業務です。経費の支払いを一時的に現金やクレジットカードで立て替えるため、精算遅延は死活問題です。しかし、出張や外出が多い場合、会社でなかなか経費精算を行うことができません。そこで、経理代行サービスを導入するのがおすすめです。
経理代行サービスではスマートフォンで撮影もしくは専用BOXで回収した領収書を基に代行入力を行います。スマートフォンを利用できるなら出張先や外出先でも簡単に経費精算の申請を行うことができます。長期出張の場合でも、その場に居ながら経費精算の申請ができ、経費立替分は振り込みで受け取ることができます。忙しくても、空き時間を利用してスマートフォンで撮影するだけです。
また、経理代行サービスを導入することで領収書のペーパーレス化も推進することができます。証憑書類を電子データで保存する際には準備や申請が必要になるものの、経理代行サービスにより導入までの支援を受けることができます。また、経費精算の申請代行を派遣社員やパート・アルバイトを利用するよりも人件費を抑えることができます。経理代行サービスでは精算の入力もある程度自動化されており、スタッフは間違いがないかを確認したり修正するだけになります。そのため、スタッフが常駐して代行申請するよりもコストが抑えられています。

新着情報